山梨広告協会とは

  山梨広告協会は1970(昭和45)年9月28日に、広告文化の向上をめざし県内の経済団体や広告主、媒体社、広告会社などによって設立されました。広告は、いつの時代も人々の暮らしに役立つ情報源であり、豊かな社会形成に寄与する役割を担っていると考えています。その役割を果たすために、まず第一に正確で質の高い情報の提供が必要であり、当協会は日々、知的研鑚に努めています。さらに、広告はその時々の暮らし・社会を映し出すアートであり、これからも自由な発想によって表現していかなければいけません。自由な表現活動を守るためには、品位を重んじた自主規制と関連法規を守る姿勢が不可欠です。こうした取り組みによって生まれる広告は、必ずや人々の暮らし・文化を支え、社会の期待にこたえられるものと確信しています。

山梨広告協会 会長 野口英一
山梨広告協会会長 野口英一

 昨今のインターネットの伸長などを受け、従来のマス媒体を古いメディアととらえる風潮もあります。しかし、新聞やテレビをはじめとするマス媒体などの広告は、性別・世代を超えて最も幅広い層に、確実に説得性のある情報発信ができる利点があります。こうした特性を生かした新しい展開を通じ、人々の暮らしをさらに豊かにしていきたいと考えています。本協会にご入会いただき、私たちとともに素晴らしい広告を生み出していきましょう。


山梨広告協会略史
昭和45年9月28日 情報化時代に対応、山梨県の広告文化の向上を目的に産業経済団体やラジオ・テレビ、新聞、広告業者などによって設立。
会長に野口二郎氏(県商工会議所連合会長)、副会長に堀内一雄氏(富士吉田市商工会議所会頭)、河内敬次郎氏(県酒造組合会長)が就任。会員数122名、113社。
昭和46年4月 全日本広告連盟加盟を承認される。
昭和47年10月21日 理事会開催。第1回山梨広告賞、CMフェスティバルの実施を決定。同年11月11日実施。以後毎年開催。
昭和50年7月23日 総会で野口二郎会長辞任。細田一雄氏(県商工会議所連合会長)が会長に就任。会則の一部改定。
翌51年1月18日野口前会長死去。
昭和53年10月12日 「新聞広告の日」座談会開催。「くらしの中の新聞広告」を山梨日日新聞へ掲載。
昭和55年11月19日 総会で細田一雄会長、岡島哲之助、河内敬次郎副会長、依田欣也専務理事、土屋正雄事務局長辞任。会長に小林茂氏(山梨日日新聞社代表取締役会長、山梨放送取締役会長)が就任。19年間会長を務める。
平成11年7月6日 総会で会長には野口英一氏(山梨日日新聞社・山梨放送代表)が就任した。
現在会員数 57社 60名 (平成28年6月現在)